LOVE500 フィアット500にもっとたのしく乗るためのTips

フィアット500にもっとたのしく乗るためのTips

駐車場探しは自分の足で!東京で相場より格安の月極駐車場を見つけるポイント

駐車場探しは自分の足で!東京で相場より格安の月極駐車場を見つけるポイント

クルマを持つことを決めたらまずやらないといけないのが駐車場の確保。
でも、東京など都心の駐車場はとにかく高い!
都心でクルマを持つことの1番のネックになるのではないかと思います。

そこで今回は東京23区にもかかわらず相場より7割安く最高な条件の月極駐車場を見つけた私の駐車場探しのテクニックを紹介したいと思います!

自分の足で歩いて探すこと!

結論から伝えてしまうと、そのテクニックとは「自分の足で歩いて探すこと」です!
もちろん地域やタイミングが関係してくることなので、必ず希望の駐車場に巡り合える!というわけではありませんが、少なくとも私は他の方法より一番可能性がある方法だと思います。

その結論に至った理由を詳しく書いていこうと思います。


インターネットで探すのがイマイチな理由

まずはじめに思いつくのが、インターネットで探す方法です。
賃貸サイトや月極駐車場専用のポータルサイトなどを利用して、自分の希望エリアを検索します。
これでだいたいの相場が分かるので、どんな条件だったら借りてもいいのかを自分の中で決めていきます。

でも、実際に借りようと思うと「空き状況はお問い合わせください」という記載が多く、お問い合わせを送ってみても、今は空いていないなんてことがしばしば。

相場感だったり自分の地域の駐車場の現状を知るためにはとても参考になるのですが、実際に借りることができる可能性は低い印象です。
もちろん、ここで運良く気になるところが空いていればいいんですけどね!

不動産屋さんで探すのがイマイチな理由

次は不動産屋さんに行ってみます。
不動産屋に実際に出向けば、実際に会いている駐車場を紹介してもらえるのは確実です。

何度かお世話になっている馴染みの不動産屋、昔ながらの個人経営の不動産屋、チェーン展開しているような不動産屋と3件の不動産屋をまわってみたのですが、平均して1件につき2箇所程度、しかも予算、家からの距離ともに条件に合致しない駐車場しか紹介してもらえませんでした。
条件を伝えてもそんな駐車場はないよの一言のみで、もうちょっとないですか?とお願いしても、これ以上はないんだよね〜ごめんね〜という感じ。どこもあまりやる気がなさそう、という感想を持ちました。
もしかしたら私の探していたタイミングは本当に紹介できる駐車場がなかったのかもしれませんが、それにしてもどの不動産屋も紹介数が少ないし、かつ自分にとって条件のいいと感じるものはありませんでした。

駐車場の仲介をしてもあまり儲からないからかも?

不動産屋さんは、駐車場の仲介をしたとしても、もらえる仲介手数料は賃料の1ヶ月分くらい。なんとなくですが、あまり儲からないからやる気がないのかな、という気がしました。

そこで、実際に歩いて気になった駐車場に電話で問い合わせしまくる

不動産屋、インターネット検索でで見つかったのはパッとしない駐車場数件のみ。妥協してこの中から選ぶしかないのか…と落胆気味だったのですが、ふと家のまわりを見渡すと、隣のマンションの駐車場、個人宅の庭となっている駐車場など、いくらでも空き駐車場があることに気がつきました

そこでダメもとで、実際に歩いて、気になる駐車場に問い合わせしまくるということをやってみたのです。

普段歩いている道でも、駐車場探しという観点で改めて歩いてみると、どんどん気になる場所が出てきます。
こんなに空いてるっぽいのに、なぜ不動産屋やインターネットには情報がないんだ?と不思議なくらいです。

気になる駐車場を見つけたら、とにかく問い合わせ先を探して電話しまくります。
お問い合わせ先が書いてある駐車場もあれば駐車場名しか書いてないものなど様々ですが、お問い合わせ先が書いてなければ駐車場名や住所などで検索し、管理会社などのお問い合わせ先を探します。

この方法で私は、自宅から徒歩10秒、相場の7割安という、インターネットでも不動産屋でも出てこなかった一番条件の良い駐車場を見つけることに成功しました!

マンションの駐車場は基本居住者専用だけど、居住者以外に開放している駐車場もアリ!

マンションの駐車場は基本的には居住者専用になっていることが多いのですが、場所によっては居住者以外に開放しているところもあります。
特に単身の方のマンションなどクルマを持たない入居者が多い物件の駐車場などは空いている可能性が高いので、問い合わせてみる価値アリです!
ダメもとで物件の管理会社に電話してみましょう!

個人宅でも空き駐車場を貸してくれる場合もアリ!

近所に個人宅の1階が駐車場になっているところがあり、近年ずっと空きがあるのが気になったので、思いきってそのお宅にも問い合わせてみることにしました。

本当はご近所の知り合い経由で話ができたら良かったのですが、残念ながら賃貸マンション暮らしの私にはそこまでのツテはなく、直接アタックするしか方法がありませんでした。

まずはドキドキしながら直接そのお宅にピンポンしてみたのですが、誰も出ず。
こんなご時世だから知らない人の訪問は出ないよな…と思いつつ、連絡先と駐車場を探している事情をしたためた手紙を出してみることにしました。

結果として手紙を出したあと連絡を取ることができ、駐車場を貸してくれるこという話になったのですが、もっと良い条件の駐車場が見つかったためお断りしてしまいました。
今回はそのお宅の方にはこちらから問い合わせをしておきながら申し訳なかったのですが、きちんと身分を明かして話してみたら意外と皆さんお話は聞いてくれるものだな、という学びにつながりました。


以上、東京23区にもかかわらず相場より7割安く最高な条件の月極駐車場を見つけた駐車場探しのテクニックでした。
冒頭にも述べたように、なんと言ってもタイミングが重要なので、どんなに頑張っても希望の駐車場が出てこないこともあると思います。でも、家でインターネットだけを頼りにしたり、不動産屋だけにお願いするよりよっぽど可能性があると思います!
自分で探せば仲介手数料もかからないしね!

もしどうしても月極駐車場探しに困ったら、諦めないでぜひ自分の足で歩いて探してみてくださいね!